アルミホイールを理解するための10冊 
*
ホーム > ダイエット > 40歳を過ぎるとダイエットが難しくなる!

40歳を過ぎるとダイエットが難しくなる!

40歳を過ぎて痩せなければと思い、ダイエットを始めても、なかなか簡単には痩せられません。

20歳代くらいまでは、少し食事コントロールして運動すれば、すぐに体重が落ちたのに・・・と感じている方は多いのではないでしょうか。

その理由は、一体何なのでしょうか。

人の体は、生命を維持したり、活動するためにエネルギーを消費していますが、その総消費量の半分以上を占めているのが、基礎代謝量です。

基礎代謝量は、人が生きるために最低限必要なエネルギー代謝で、寝ているときや何もしないで座ってじっとしている時でも常に消費されているという、痩せるためにはとても便利なエネルギー消費になります。

この基礎代謝量に対して、運動や仕事で体を動かすなど、日常生活の中で消費するエネルギー代謝を活動代謝といいます。

一般的な人で、1日あたりの総消費エネルギーは、60~70%が基礎代謝、残りの30~40%が活動代謝という割合になります。

そして、1日の総消費エネルギーの半分以上を占めるこの基礎代謝量が高ければ、それだけ痩せやすいということになります。

しかし、基礎代謝量は20歳くらいをピークに、年を重ねるとともに徐々に低下してしまいます。

20歳代は痩せやすかったのに、40歳を過ぎてから、痩せにくくなり、しかも、すぐに太ってしまうという原因は、基礎代謝量が加齢の影響で低下しているために起こる症状です。

ようするに、40歳を過ぎてダイエットが難しくなる理由は、年を重ねるとともに1日あたりの総消費エネルギーが減少して、太りやすくなっているというわけです。 

ダイエットについていろいろと考える!

ですが、40歳を過ぎても、この基礎代謝量を高く保つことができれば、若い頃の体型をそのまま維持することができるということです。

体の中で、最も多く基礎代謝が消費される器官は筋肉です。

ですので、筋力トレーニングなどの無酸素運動でしっかりと筋肉を鍛えて筋肉量をアップすれば、基礎代謝量も高くなります。

ダイエットを始めても、なかなか思うように痩せられない・・・と、感じてきたら、まずは、筋肉を鍛えることから始めましょう。